アメリカで生活する中で、気になったことなどを書いていきます。もちろん、日本の事も。

アメリカ人と国際結婚して幸せになるために知っておきたいこと!

2018/06/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アメリカ人との国際結婚に憧れる日本人女性は多いことでしょう。

結婚したらアメリカに行って、可愛いハーフの子供と大きな家で暮らせたら幸せ…

夢はみたっていいですが、国際結婚はそんなに甘いものではありません。

日本人同士なら経験しなくて済むであろう苦労が少なからず待ち受けています。

アメリカ人と結婚してアメリカに渡るために、

後々、「こんなはずじゃなかった」とならないために、

幸せで充実した結婚生活を送るために、

知っておきたいことを書いてみました。

手続きは大変

アメリカ人と結婚してアメリカで暮らすためには、

基本的に結婚することと永住権(グリーンカード)を取得することが必要になりす。

手続きはアメリカと日本の両方の市役所や大使館などで行うことになります。

手続きの方法は、すでにアメリカにいる場合と、日本に滞在中の場合では異なります。

特に、永住権の申請・取得には時間もお金も忍耐も必要です。

定期的に更新もしなくてはなりません。

二人でこういった手続き上のストレスを乗り越えられなければ、幸せを掴むどころか結婚は成立せず、

アメリカで生活する権利さえ獲得できません。

 

英語力は絶対に必要

アメリカで生活するなら、最低英語は必要です。

アメリカ人との恋愛関係だけで済ますら、英語力がなくても何とかなります。

しかし、結婚してしかもアメリカで暮らすとなれば、英語が使えなければ生活がままなりません。

相手が日本語を喋れたとしても、周りは英語で生活してるのです。

あなたに英語でのコミュニケーションを求めます。

あなたの英語力がネイティブレベルでない限り、

向上させる意思がないとアメリカで長く生活することが苦痛になるしょう。

学校、病院、保険、銀行、家のローン、車関連、親戚づきあい等…

家族が増えれば、それだけ英語を使う機会は増えます。

それに、アメリカ人パートナーはあなたに言葉で表現することを期待していると言えます。

日本人同士のような曖昧な表現や察するということが通用しないのです。

一生英語を使う覚悟をして渡米することをお勧めします。

アメリカに行けばペラペラになるなんてのは嘘です。

英語の勉強が嫌い、続けるのが嫌という人は、アメリカ人との結婚を考え直した方が良さそうです。

 

金銭感覚の違いに注意

アメリカ人とアメリカで結婚していてお小遣い制にしている家庭なんて、聞いたことがありません。

夫婦でもお金を別々に管理しているなんてことは普通にあるでしょう。

アメリカ人は、パートナーに金銭的な自立を求めることだってあります。

結婚したら専業主婦になって、

夫が稼いだお給料を自分が管理するなどという日本的な考えは持ち込まないことです。

お互いが金銭的にどのくらい二人の生活を支えて行くのか、話し合うことも幸せにつながります。

 

ハーフの子供≠お人形のように可愛い

ハーフ、つまりミックスの子供が欲しくてアメリカ人と結婚したいという人がいますが、

アメリカと日本の混血の子供がみんな芸能人のように可愛いわけではありません。

純日本人の子にも色々いるように、ミックスしたって色々います。

特にアメリカで生活していれば、混血は当たり前のようなもので大して意識しません。

余談ですが、ハーフの子はみんなバイリンガルになるとも限りません。

お人形のようなハーフの子供を持つことを期待してアメリカ人と結婚しても、

あなたの幸せとは結び付かないのではないでしょうか。

 

最後に

アメリカ人とアメリカでの結婚生活は、日本人同士で結婚した場合の苦労にプラスアルファで大変です。

憧れや夢だけで人生を決めないように、

愛するアメリカ人との将来を深く考えるきっかけになればと思います。

アメリカ国際離婚は、結婚よりもっと大変らしいですよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アメぐら‼ , 2018 All Rights Reserved.