アメリカで生活する中で、気になったことなどを書いていきます。もちろん、日本の事も。

アメリカの学校給食のメニューはひどい?日本との違いと値段についても

2018/06/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

アメリカの学校給食って日本の給食に比べたら、見た目からしてひどいとか不味いとかよく言われていますね。

本当にそうなのでしょうか?

そんなにジャンクフードな感じなら、当然タダなんじゃないかって思っちゃいますね。

実際の値段はどのくらいでしょうか?

給食費は誰がどのように払うのでしょうか?

アメリカの生徒は、給食の時間はどういう風に過ごしているのか?

メニューはどんなものか?

色々と日本とは違いそうですよね。

住んでいる所によって違うとは思いますが、私の子供たちが通っている小学校の給食を紹介します。

アメリカの小学校の給食は昼だけじゃない?

日本でも朝食を食べるように指導されると思うのですが、アメリカでは朝食を学校で食べられちゃいます。

しかし、学校が開いてから5分か10分の間で食べなくてはならず、ゆっくりはしていられません。

急かされて食べても食べた気がしませんね。。

色んな事情の子がいると思うので、朝食が出されるのは良いことだと思いますが。

お昼はどんな様子?

一応時間は20分とされているらしいのですが、押してしまって10分なんてこともあるそうです。

教室ではなく食堂と言うかカフェテリアで食べるのですが、学校中が一斉に食べるわけではありません。

カフェテリアは1つだけでそれほど大きくないので、時間をずらして2学年ずつ食べます。

基本的に、ホットランチと呼ばれる給食を食べる生徒も、コールドランチと呼ばれるお弁当を食べる生徒も同じ場所だそうです。

 

食べることに集中せず、遊んでいる子も多いようです。

我が家の子供たちも、おしゃべりに夢中になっているんだか、お弁当を持たせても少ししか食べてきません。

アメリカの給食、先生は一緒に食べない?

基本的にアメリカの学校では、給食中に担任の先生が一緒に座ってご飯を食べることはありません。

食事の時間は、給食のスタッフやボランティアの人が生徒をみているようです。

アメリカの先生は生徒から離れて、しっかり休憩時間を取っています。

日本の先生の、一日中生徒と接している激務とは違いますね。

 

アメリカ小学校の給食メニューは?

私が生活している地域では、学区内の小学校の給食メニューは同じになっています。

朝食メニュー

朝食メニューは、曜日ごとに変わります。

基本的にどの月も同じような感じですが、季節によって多少はトッピングなどが変わります。

  • 月曜日ーフレンチトーストにブルーベリーのトッピング
  • 火曜日ー玉子とチーズのサンドイッチ
  • 水曜日ータコス
  • 木曜日ーオムレツとビスケット(スコーンのようなもの)
  • 金曜日ーパンケーキに苺のトッピング

上のすべてに果物と100%のジュースか低脂肪牛乳が付きます。

昼食メニュー

ランチメニューも曜日ごとに同じものが出ます。

  • 月曜日ーチキンナゲット
  • 火曜日ーピザ(ペペロニ か チーズ)
  • 水曜日ークリスピーチキンのサンドイッチ
  • 木曜日ー豆とチーズのブリトー
  • モッツァレラチーズのスティックとソース

こちらも、メニューのすべてに、果物と野菜とサラダが付くそうです。

この他に、1%低脂肪牛乳か無脂肪のチョコレートミルクも買えます。

ファーストフードと言うか、ジャンクと言わざる終えないようなメニューですね。

たまには良いですが、毎日これだと飽きるし体に悪そうです。

給食の値段はタダ?

学校給食のお金を払うかは、家庭の収入によって違います。

私の住んでいる地域では、収入が一定の金額以下の家庭の生徒は、タダで朝食も昼食も食べられます。

タダで食べられる子供たちは朝も学校で食べるケースが多いみたいですね。

収入が一定以上の家庭の子供たちが食べる給食は、朝食一食$1.95で、昼食一食$3です。

自分の家からお弁当(サックランチ)を持っていく子は、もちろんそれを食べるので料金は発生しません。

給食の支払い方法

小学生に毎日お金を持たせて給食を買わせるのは、面倒だしなんだか危険な感じがしますよね。

特に小学生の場合は、親が学校に行って小切手で払うか、オンラインで払うことができます。

先払いも、後払いもOKです。

後払いの場合は、毎日のように請求の電話が鳴ります。

 

学校での食事の注意

アレルギーがある場合は学校と担任の先生に連絡しておきましょう。

給食とは別に、先生がご褒美と言っておやつをくれたりもします。

先生がアレルギーについて知らないと、大変なことが起こりかねません。

 

毎日お弁当を持っていくなら、学校からの給食は食べない趣旨を学校に知らせておいた方が良いです。

娘はキンダーの時に、一回だけお弁当プラス給食を食べてきました。

早く食べ終わったのをスタッフがまだ食べてないのだと勘違いし給食を食べるように言い、娘はなぜか勧められるまま食べてしまったらしいのです。

食いしん坊な娘に笑ってしまったのですが、こんな事が起こっては困るという方は学校に連絡を取っておきましょう。

 

学校によっては、先払いしてないと給食を食べられないようになっている学校もありますので注意してください。

 

システムによってはスタッフか生徒が間違って、ほかの生徒の名前で給食を買ってしまう場合があります。

自分の子供がいつ給食を利用したか、先払いの場合は残高がいくらか、確認しないとぼったくられます。

息子はアレルギー持ちなので給食は絶対食べないのですが、2食分の請求が来たことがあります。

当然先払いしてなかったので、催促の留守電で気づきました。

学区と学校のオフィスに電話して、訂正してもらいました。

 

何かおかしいと思ったら、すぐに学校に電話かメールした方が良いですよ。

 

まとめ

アメリカの学校給食は、朝と昼ある。

基本的にジャンク。

金額は、収入により違う。

先生は一緒に食べない。

ぼったくられないように支払いの確認しよう。

日本の給食ってやっぱり良いですね。

記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アメぐら‼ , 2018 All Rights Reserved.