アメリカで生活する中で、気になったことなどを書いていきます。もちろん、日本の事も。

体操の村上茉愛選手はNHK杯でオリンピック代表入り確実?噂の白井健三選手とそろって五輪金メダルへ!

2018/06/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今、日本体操女子を引っ張っている選手と言えば、村上茉愛選手ですね。

女子の床運動で初の金メダルを獲得しましたし、今後も活躍が期待されます。

先日(4月29日)行われた全日本個人選手権では堂々の3連覇!乗りに乗ってますね‼

NHK杯での期待も高まります。

力強い演技と素敵な笑顔が印象的な村上選手ですが、毎日血のにじむような努力をされていることでしょう。

そんな村上茉愛選手のプロフィール、経歴、ライバルや仲間の紹介とともに、

日本代表入りはどうか、東京五輪は期待できるかも探ってみました。

熱愛がうわさされる白井健三選手とのことにも触れています。

村上茉愛選手のプロフィール

出典:Number Web – 文春オンライン

 

村上茉愛(むらかみ まい)さんは、日本体育大学4年の体操選手です。

1996年(平成8年)8月5日生まれで、神奈川県出身。

身長は148センチと小さいですが、女子体操選手では普通ですね。

村上選手は、女子体操ではあまり見ないショートヘアで、元気いっぱいなイメージがあります。

やはり機械体操ですから、普通の人に比べたら筋肉量は大変なものですね。
H難度の技を2つもやっちゃうような人ですし、ほかの体操選手と並んでも特別がっしりして見えます。
それゆえに、見た目だけで太っていると思われる人もいるようですが、あれだけの跳躍技を繰り返すんですから、太ももが立派になっても仕方ありませんよね。
しかし、コーチであった池谷幸雄さんによると、村上選手は太りやすい方ではあるんだそうです。

日本体操協会のリオデジャネイロ五輪プロフィールでは、体操開始年齢は2才だそうです。
両親が体操選手で兄も体操をしていたようです。
その影響で体操を始め、小学校の時から池谷幸雄体操クラブに所属し、次々に技をマスター。
そして、ジュニア大会に出場しながら実力をつけ頭角を現して行きました。
小6ですでにH難度のシリバス(後方2回宙返り2回ひねり)を演技構成に組み込んでいたというから驚きです。

同じくH難度のチュソビチナ(後方伸身2回宙返り1回ひねり)も成功させていて、同時に最高難易度の技を2つできる世界でも数少ない選手の一人です。

「毎日命かけてる」と話す、村上茉愛選手の体操に対する情熱は半端じゃありませんね。

選手経歴ー

中学時代に数々の優勝を飾り、2012年のロンドンオリンピックでの活躍が期待されましたが、2011年に左肘を負傷し戦えず、テレビ観戦という結果に。

その後も、リハビリとトレーニングを重ね、2012年の12月には全日本体操競技団体・種目別選手権大会、床で優勝。

2013年には日本代表入りし、世界選手権・種目別女子床運動で4位入賞を果たしました。

2014年は怪我に向き合いながらも、世界選手権の団体決勝進出を後押し。

2015年は、全日本選手権で21位、NHK杯で8位と振るわず、世界選手権の代表入りかなわず国内補欠に。
しかし、代表選手が次々に怪我をし交代、村上選手が出場することとなりました。
その本番で団体5位入賞、個人総合6位に入ります。回ってきたチャンスを逃さず、リオデジャネイロ五輪団体出場権獲得に貢献しました。

2016年4月には、全日本選手権個人総合で優勝、NHK杯2位となりオリンピック代表候補に。
その後、トップの成績を残した代表選考の試技会を経て、正式にオリンピック代表になりました。

リオ五輪ではあと一歩とメダルには及びませんでしたが、団体総合で4位入賞を果たしました。
個人種目別ゆかでは7位、個人総合は14位でした。

2017年は、全日本選手権個人総合2年連続優勝、NHK杯個人総合初優勝で、問題なく世界選手権代表入りしました。
10月の世界選手権では予選を首位で通過。
大いに期待された個人総合優勝は、平均台での落下により逃し4位に終わりました。
種目別の床の演技では、見事金メダルを獲得しています。

今年2018年、体操ワールドカップ東京大会の個人総合で優勝、全日本選手権個人総合でも優勝しました。

こうみると、良い時ばかりではない村上選手。
怪我に悩まされることもありました。
しかし、2015年の低迷期にも回ってきたチャンスを逃さず使えている所はさすがですし、沈んでも浮いてくるというか、成長し這い上がってきてるんですよね。

今年の全日本選手権個人総合ではまた優勝し3連覇を果たしていますし、これから行われるNHK杯での活躍も期待されます。

日本国内のライバル、そして仲間

村上茉愛選手の国内の最大のライバルは、寺本明日香選手ではないでしょうか。
寺本選手は、村上選手の一つ年上で、体操元女王。
今年の全日本個人総合では、けがの影響もあり2位。「茉愛には、世界の舞台の総合で勝ちたい。」と語っています。
10代の頃から日本女子体操に貢献し、リオ五輪代表として日本チームを引っ張った選手です。

村上選手が寺本選手と共にリオ五輪を戦った仲間は、杉原愛子選手と宮川紗江選手、内山由綺選手です。
宮川選手は村上選手と同様H難度の技をこなします。

他にも、畠田瞳選手、梶田凪選手など、10代の若い選手が代表入りを目指しています。どの選手もライバルであり、仲間になりうる存在でしょうね。

日本代表入りは確実?

5月19日から20日に行われるNHK杯は、日本代表決定競技会でもあり、良い結果を残せば、
第48回世界体操競技選手権大会と第18回アジア競技大会の出場選手として選考されることになります。

4月27日から29日に開催された全日本個人選手権の予選と決勝の合計得点が持ち点になり、
それに本大会の合計得点が加算され、最高得点を獲得した選手にNHK杯が送られます。

全日本個人選手権で優勝した村上選手の持ち点は誰よりも高いわけですし、
最近の彼女の結果を考えるとNHK杯も彼女の手にわたることは簡単に想像がつきます。

もし、村上選手が優勝すれば、代表に選ばれるのはほぼ確実と言って良いのではないでしょうか。

2020年東京五輪出場はあり?

村上選手が日体大の4年生と聞いたとき、あれ?っと思ったんです。

だって、オリンピックで活躍する体操の女子選手はほとんどが10代。

十七歳限界説なんてのもありますしね。

体操というスポーツの特性上、二十歳過ぎてるとキツイんじゃ…なんて思ったんですが、

日本の女子体操界の競技年齢は上がってきていて、20代でも現役は普通らしいですね。

田中理恵さんも25歳でオリンピック出てましたしね。

という事は!リオ五輪に続き、東京オリンピックでも村上茉愛選手に大いに期待できそうです!

このままの2020年の東京五輪まで好調を維持してもらいたいですね!

白井健三選手は今でも彼氏なの?

白井健三選手は男子体操界を引っ張る存在。
この間の体操W杯では優勝し、全日本選手権個人総合では2位の成績を収めましたね。

以前から2人の交際は知られています。
2012年に白井選手が村井選手との交際が4年間に及ぶことがわかる内容のツイートしていましたし、
過去にはラブラブなツーショットのプリクラまでも流出してしまいましたね。

このことで、過去の交際は事実だと思われます。

しかし、2人して体操界をけん引する存在になった今でも、それは続いているのでしょうか。

上選手と白井選手が付き合っているとしたら、体操界のビッグカップル!

このまま結婚も?なんて考えてしまいますが、
2年後の東京五輪目指して切磋琢磨する毎日でしょうから、それどころではないかもしれませんね。

大学の先輩が今は付き合っていないと言ったという話も聞きますし、忙しさなどから破局してしまったのかもしれないですね。

でも、仲は良さそうですし、嫌いになったわけではない…と思いたいです。

一緒に優勝したり、テレビ出たりしますしね。

今はお互いを高め合う良い仲間といった感じでしょうか。

復縁があるとすれば、東京オリンピック後かなと勝手に想像します。

交際が続いているとすれば、体操以外のところでいらぬ注目を浴びないように、注意しているのしょうね。

なにはともあれ、
私は村上選手も白井選手も、好印象で好きなので、体操も私生活もそれぞれ応援していきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アメぐら‼ , 2018 All Rights Reserved.